英語なら「進学塾みらい」

2020年度から英語教育、大学入試制度がかわりました。 英語対策 ・英検対策 は『進学塾みらい』にお任せください。

文部科学省により学習指導要領が見直され、2020年度から英語教育・大学入試が大きく変わりました。従来の「読む・書く」の2技能を重視から、「話す・聞く・読む・書く」の4技能を評価します。小学校3年生から英語教育がスタートし、中学校では英検準2級、高校では英検2級以上を目指した授業が展開されるようになります。英語対策 ・英検対策 は、実績のある『進学塾みらい』にお任せください。

小学3・4年生で「外国語活動」スタート

小学3年生から英語の授業が始まりました。英語の音声やリズムなどに慣れ親しむ、言葉としての面白さや豊かさに気づく、聞く・話すことの言語活動が導入されました。
【年間授業時間】35時間(週1コマ程度)

小学5・6年生は「教科英語」になりました

小学5、6年生は、英語が、算数や国語と同様に教科になります。つまり、成績(数値による評定)がつくようになります。活字体の大文字、小文字の読み書き、語順への気付き、聞く、話す+文字指導の導入
【年間授業時間】70時間

中学・高校の英語授業が変わりました

【中学校】中学では学ぶ語彙数が大幅に増えました。また、関心のある事柄について互いの考えや気持ちを即興で伝え合う活動を重視されます。授業は、基本的に外国語(英語)で行います。

【高校】高校では「論理・表現」の科目が新設されました。英語の科目全体で「話す」「書く」を中心に発信力を強化し、スピーチ、 プレゼンテーション、ディベート、ディスカッションなどが取り入れられています。

大学入試が大きく変わります

【一般入試】センター試験から共通テストに代わり『AO入試』が導入されました。

【推薦入試】従来、書類や・面談で人物を評価してきましたが、学力が問われていないと批判がありました。そのため、教科テストで「知識・技能」「判断力・思考力・表現力」を判断することが必須となりました。